GO TOP

ご相談はもちろん無料です。ぜひお気軽にお問合わせ下さい。
0120-544-549

営業時間:10:00~18:00|定休日:日・祝

なぜ遺品整理業を始めたのか

目次

  • 買取事業を10年以上
  • 法律と制度の複雑さ
  • 高まる必要性
  • もったいない
  • 遺品整理に集中するために

 

 

買取事業を10年以上

2009年の会社設立以来、10年以上リユース(買取)事業を行なってきました。

カメラや化粧品。小型家電や日用品など様々なアイテムを買取させて頂き、それらを再販売させて頂いておりました。

 

ある時出張お見積もりのご依頼がありお客様のお宅に到着したところ、事前に聞いていたアイテムの他にも査定をして欲しい物が多数あるとのことでした。

 

詳しくお伺いすると、ご主人がお亡くなりになり、その遺品を査定して欲しいとのお話でした。

ご自身ではその価値がわからないため、どうすれば良いかわからず連絡を下さったようです。

 

このようなご相談を受けることが年々増えて、遺品の整理や不用品回収の需要が高まってきていると知りました。

 

そんな時に祖父が亡くなり、遺品の選別を家族に頼まれました。

祖父の部屋で色々と物を見ている時に遺品整理に興味を持ちました。

 

祖父の遺品について「想い」をほんの少しだけ書かせて頂きました。
https://www.nekonote-hyogo.com/tokucho/

 

 

法律と制度の複雑さ

そこで遺品の整理や不用品回収について知見を深めたいと思い勉強を始めました。しかし思った以上に法律や制度が複雑だったのと、何が正しい情報なのか判断が出来なかったので、思い切ってすでに不用品回収を行なっている会社に頼み込み、約半年ほど勉強を兼ねた修行をさせて頂きました。

 

不用品回収を行うには「一般廃棄物収集運搬業」の許可が必要な事や、「地方自治体によって細かな廃棄物の分別方法が違う」こと、「不法投棄」が社会問題になっている事などを理解するだけでなく肌で感じることが出来ました。

 

また、悪質な業者の武勇伝(遺品の中の貴重品まで回収していること)を耳にしたのもこの頃です。

 

最終的な判断として、自分は遺品整理士になり、不用品回収は許可を持った業者に依頼する方法をとりました。

 

 

高まる必要性

遺品の整理や不用品の廃棄は人生で一度ある程度です。

決して安くない費用が掛かってしまう為、ご自身で行う方法もあるのですが法律や制度が複雑なのでなかなか難しいと思います。

少しでも費用を抑える方法を下記ページにまとめさせて頂きました↓
https://www.nekonote-hyogo.com/column/ihinseiri-hiyoosaeru-howto/

 

そこで私たちのような遺品整理士がプロとしてサポートをさせて頂くことになるのですが、遺品整理の業者を選ぶ時には少し気をつけて頂きたいと思います。

 

近年そのニーズの高まりから新規参入する業者が増えています。

  • 法律も制度も深く理解せず違法行為をしてしまう
  • 荷物の積み方が悪く道路上に廃棄物を散乱させてしまう
  • 不法投棄

など悪質な業者が存在するのも事実です。

 

また、貴重品を返却しないケースや見積もりよりも高い金額を請求をする業者もあると聞きます。

間違いのない選び方の参考に、以下の記事も読んでみてください。
参考ページ:後悔しない遺品整理業者の選び方 | 依頼前に抑えておきたい6つの事

 

もったいない

多くの不用品回収の現場にも参加させて頂きましたが、まだ使えるものがどんどん廃棄されていく姿にショックを受けました。

しかし物の運搬や保管するにもコストがかかり、経済合理性を考えると廃棄してしまうのも致し方ないとは思います。

 

長いあいだ買取業を行なっていたので、

まだ使える物に対しての再利用の癖のようなものがもったいないと思わせたのかもしれません。

 

買取対象になりにくいがよく出てくる物として

  • 大量の衣類
  • 着物
  • 大量の食器
  • 衣装ケース
  • トイレットペーパーやティッシュなどの日用品

があげられます。

 

現在、衣類や着物は寄付を行い。食器は貿易業者に引き取ってもらうなどしていますが、衣装ケースは残念ながら多くの場合廃棄となってしまいます。

日用品も安全性が担保できない為、ほとんどの場合は廃棄になります。

 

買取ができるものとしては

  • 車/バイク(廃車の届出済みのもの)
  • 貴金属
  • ロードバイク
  • 骨董品
  • 製造年が10年以内の家電
  • ブランド家具
  • ブランド品
  • 時計
  • 高級ペン
  • カメラ機器
  • パソコン機器
  • 無線機器
  • オーディオ機器
  • 美容機器
  • 電動工具
  • ゲーム機器
  • コインや切手などのコレクション品
  • フィギュア
  • アニメグッズ
  • 芸能人グッズ
  • ゲーム用カード

などがあります。

 

今後の課題として、

  • 出来る限り買取を行い廃棄コストを下げること
  • 買取が難しくても再利用して頂けると方法を模索し続けること

の解決を追求し続けたいと考えています。

 

 

遺品整理に集中するために

弊社は2019年にリユース事業を売却致しました。

これでより遺品整理業に集中し、多くのご相談にお応え出来ると思います。

 

依頼者のお話を伺ったり、様々な現場を経験すればするほど新しい課題がたくさん出てきます。

 

大変に奥が深く、数々の問題を抱えたこの業界の改善に少しでも貢献できれば幸いです。

 

 

不用品回収、遺品整理についてお困りごとがございましたらまずはお気軽にご相談下さい。
不用品回収、遺品整理について
お困りごとがございましたらまずはお気軽にご相談下さい。

お見積りフォーム、お電話、
いずれかの方法でお問合せ下さい。

Copyright © 2020 ねこの手 All rights reserved.